50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelの操作画面の概要】②

50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelの操作画面の概要】②

Excelの操作画面は、初心者から上級者まであらゆるユーザーが直感的に操作できるように設計されています。
このブログでは、Excelの操作画面の基本的な構成要素を紹介し、それぞれの役割と使い方を解説します。

Excel

リボンとツールバーの説明

リボン(Ribbon)

リボンは、Excelの上部にある水平のバーであり、各種の機能やコマンドがグループ化されています。 リボンはタブに分かれており、各タブには特定のカテゴリに関連する機能が含まれています。

1.ホーム(Home)タブ

テキストの書式設定、数式の入力、セルの操作など、Excelの基本的な機能が含まれています。

ホーム(Home)タブ
ホーム(Home)タブ

2.挿入(Insert)タブ

グラフ、図形、テーブル、ハイパーリンクなどを挿入する機能が含まれています。

挿入(Insert)タブ
挿入(Insert)タブ

3.ページレイアウト(Page Layout)タブ

ページの設定、印刷、シートの整形など、シートのレイアウトに関する機能が含まれています。

ページレイアウト(Page Layout)タブ
ページレイアウト(Page Layout)タブ

4.数式(Formulas)タブ

数式の挿入や編集、関数の検索など、数式に関連する機能が含まれています。

数式(Formulas)タブ
数式(Formulas)タブ

5.データ(Data)タブ

データのソートやフィルタリング、外部データの取り込みなど、データの操作に関する機能が含まれています。

データ(Data)タブ
データ(Data)タブ

6.校閲(Proofreading)タブ

データの検査、コメントの追加、スプレッドシートの修正履歴など、共同作業やレビューに関する機能が含まれています。

校閲(Proofreading)タブ
校閲(Proofreading)タブ

7.表示(View)タブ

シートの表示方法の設定やウィンドウの操作、ワークシートのズームなど、表示に関する機能が含まれています。

表示(View)タブ
表示(View)タブ

各タブをクリックすると、対応する機能が表示され、それぞれのグループ内に関連するコマンドが表示されます。

ツールバー(Toolbar)

ツールバー(Toolbar)

ツールバーは、リボンの下にある水平のバーであり、一般的によく使われる機能やコマンドがボタンとして配置されています。ツールバーには、フォントのスタイルやサイズの変更、セルの書式設定、コピー・切り取り・貼り付けなどの基本的な操作を行うボタンが含まれています。

Excelのリボンとツールバーは、ユーザーが必要な機能やコマンドに素早くアクセスできるように設計されています。これらのインターフェースを活用することで、効率的に作業を行うことができます。

シートとセルの概要

シート(Sheet)

シートは、Excelのワークブック内で1枚のページまたはタブとして表示される部分です。通常、1つのExcelファイル(ワークブック)には複数のシートが含まれています。シートは以下のような特徴を持ちます。

シート(Sheet)

1.データの配置

シートは、表形式でデータを配置するための領域です。 列は縦方向に、行は横方向に配置されています。

データの配置

2.データの分類

ワークブック内のシートは、データを分類したり、異なるセクションに分けたりするために使用されます。たとえば、1つのシートには営業データ、別のシートには財務データが含まれる場合などです。

データの分類

3.シートの操作

Excelでは、シートの追加、削除、名前の変更、移動など、シートに対する様々な操作を行うことができます。

シートの操作

4.シートのフォーマット

各シートには、特定のフォーマットやレイアウトを適用することができます。これには、セルの書式設定やヘッダー/フッターの追加、ページ設定などが含まれます。

シートのフォーマット

セル(Cell)

セルは、Excelの表形式の中で1つの四角いマスを指します。各セルには、データ、数式、テキストなどが入力されます。セルは以下のような特徴を持ちます。

セル(Cell)

1.座標

セルは列と行によって座標が指定されます。 たとえば、A1、B2、C3などのように、列と行の名前を組み合わせてセルを特定します。

座標

2.データの入力

ユーザーはセルにデータを入力することができます。 これには数値、テキスト、日付、数式などが含まれます。

データの入力

3.セルの書式設定

セルには、フォント、色、罫線、数式の表示形式など、様々な書式設定を適用することができます。

セルの書式設定

4.計算と関数

セルには数式を入力して計算を行うことができます。また、Excelには多数の組み込み関数が用意されており、これらの関数をセルに入力してデータの操作や計算を行うことができます。

計算と関数

シートとセルは、Excelの基本的な構成要素であり、データの管理や操作において非常に重要です。

ワークブックの作成と保存

ワークブックの作成

1.新規ワークブックの作成

Excelを開いた後、新しいワークブックを作成するには、「ファイル」メニューから「新規作成」を選択し、「空白のブック」をクリックします。または、Excelを開いた直後に表示されるスタート画面で「空白のブック」を選択します。

新規ワークブックの作成

2.既存のワークブックの開き方

既存のワークブックを開くには、「ファイル」メニューから「開く」を選択し、「参照」からファイルを選んで開きます。または、最近使用したワークブックがリストされている場合は、スタート画面から選択します。

既存のワークブックの開き方

3.テンプレートの使用

Excelには様々なテンプレートが用意されています。これらのテンプレートを使用すると、特定の用途に応じたフォーマット済みのワークブックをすぐに作成することができます。

テンプレートの使用

ワークブックの保存

1.保存場所の選択

ワークブックを保存する場所を選択します。デフォルトでは、ドキュメントフォルダに保存されますが、任意の場所に保存することもできます。

保存場所の選択

2.ファイル名の入力

保存するファイルに名前を付けます。適切な名前を入力し、ファイルの種類を選択します(通常は「Excelブック (*.xlsx)」を選択します)。

ファイル名の入力

3.保存ボタンのクリック

保存ボタンをクリックして、ワークブックを保存します。通常は「ファイル」メニューから「保存」を選択するか、キーボードショートカットで「Ctrl + S」を使用します。

保存ボタンのクリック

4.保存形式の選択

Excelでは、複数の保存形式を選択することができます。たとえば、Excel 97-2003形式(.xls)やテキスト形式(.csv)などがあります。

保存形式の選択

5.自動保存の設定

Excelには自動保存機能があります。設定で自動保存を有効にすると、一定の間隔で変更が自動的に保存されるため、データの損失を防ぐことができます。

自動保存の設定

ワークブックの作成と保存は、Excelを使用してデータを効果的に管理するための基本的な手順です。データの重要性に応じて定期的に保存することをお勧めします。

50歳から始めるEXCEL2013 会計報告をつくる
50歳から始めるExcel2019 セルを選択する方法
50歳から始めるExcel2019 Excelの基本操作 エクセルを開いて閉じる方法
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelとは】①
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelの操作画面の概要】②
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【データの入力と編集】③