50歳から始めるEXCEL2013 会計報告をつくる

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)

会計報告書の一例です。参考にしてください。

上記の報告書の作り方です。

1. セルA1に「令和2年度収支報告書」と入力します。

セルA1に「令和2年度収支報告書」と入力します

2.セルA3に「期間:平成31年4月1日~令和2年3月31日」と入力します。

セルA3に「期間:平成31年4月1日~令和2年3月31日」と入力します

3.セルE2に「令和2年〇月〇日」と入力します。

セルE2に「令和2年〇月〇日」と入力します

4.セルE4に「単位:円」と入力します。

セルE4に「単位:円」と入力します

5.セルB5に「項目」と入力します。

セルB5に「項目」と入力します

6.セルC5に「予算額」、セルD5に「実績額」、セルE5に「備考」と入力します。

セルC5に「予算額」、セルD5に「実績額」、セルE5に「備考」と入力します

7.セルB14に「合計」セルA6に「収入」と入力します。

セルB14に「合計」セルA6に「収入」と入力します
セルB14に「合計」セルA6に「収入」と入力します

8.セルB16に「項目」、セルC16に「予算額」、セルD16に「実績額」、セルE16に「備考」と入力します。

セルB16に「項目」、セルC16に「予算額」、セルD16に「実績額」、セルE16に「備考」と入力します

9.セルA17に「支出」と入力します。

セルA17に「支出」と入力します

10.セルB32に「合計」と入力します。

セルB32に「合計」と入力します

11.セルA5~セルE14までドラッグして選択します。

セルA5~セルE14までドラッグして選択します

12.【ホームタブ】の【罫線】をクリックし【格子】を選択します。

【ホームタブ】の【罫線】をクリックし【格子】を選択します
【ホームタブ】の【罫線】をクリックし【格子】を選択します

13.セルA16~セルE32までドラッグして選択します。

セルA16~セルE32までドラッグして選択します

14.【ホーム】タブの【罫線】をクリックし【格子】を選択します。

【格子】を選択します
【格子】を選択します
【格子】を選択します

15.A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします。

A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします
A列の幅を「6」、B列の幅を「15」、C列D列の幅を「10」、E列の幅を「40」にします

16.セルB34に「収入」、セルB35に「支出」、セルB36に「残金」と入力します。

セルB34に「収入」、セルB35に「支出」、セルB36に「残金」と入力します

17.セルB38に「令和1年度残金」、セルD38に「次年度へ繰越します。」と入力します。

セルB38に「令和1年度残金」、セルD38に「次年度へ繰越します。」と入力します

18.セルA40に「会計監査報告」と入力します。

セルA40に「会計監査報告」と入力します

19.セルE41に「令和2年〇〇月〇〇日」と入力します。

セルE41に「令和2年〇〇月〇〇日」と入力します

20.セルA42に「令和1年度、監査の結果、決算報告書の通り相違ないことを報告します。」と入力します。

セルA42に「令和1年度、監査の結果、決算報告書の通り相違ないことを報告します。」と入力します

21.セルA44に「〇〇〇〇会」と入力します。

セルA44に「〇〇〇〇会」と入力します

22.セルB45、セルB46に「監査」と入力します。

セルB45、セルB46に「監査」と入力します

23.セルA1~セルE1まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします。

セルA1~セルE1まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします
セルA1~セルE1まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします
セルA1~セルE1まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします

24.セルE2を選択して【ホーム】タブの【右揃え】をクリックします。

セルE2を選択して【ホーム】タブの【右揃え】をクリックします
セルE2を選択して【ホーム】タブの【右揃え】をクリックします

25.セルE4を選択して【ホーム】タブの【右揃え】をクリックします。

セルE4を選択して【ホーム】タブの【右揃え】をクリックします

26.セルB5~セルE5まで選択して、【ホーム】タブの【中央揃え】をクリックします。

セルB5~セルE5まで選択し

27.同様にタブB16~タブE16まで選択して、【ホーム】タブの【中央揃え】をクリックします。

同様にタブB16~タブE16まで選択

28.セルB14とセルB32を選択して、【ホーム】タブの【中央揃え】をクリックします。

セルB14とセルB32を選択して、【ホーム】タブ

29.セルA6~セルA13まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします。

セルA6~セルA13まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします

30.同様にセルA17~セルA31まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします。

同様にセルA17~セルA31まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします

31.セルA40~セルE40まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします。

セルA40~セルE40まで選択して、【ホーム】タブの【セルを結合して中央揃え】をクリックします

32.セルB45を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【行の高さ】をクリックし、「50」に設定します。

セルB45を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【行の高さ】をクリックし、「50」に設定します
セルB45を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【行の高さ】をクリックし、「50」に設定します
セルB45を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【行の高さ】をクリックし、「50」に設定します

33.セルB46を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【行の高さ】をクリックし、「50」に設定します。

34.セルA1を選択して、フォントのサイズを「14」にします。

セルA1を選択して、フォントのサイズを「14」にします
セルA1を選択して、フォントのサイズを「14」にします

35.セルA40選択して、フォントのサイズを「14」にします。

セルA40選択して、フォントのサイズを「14」にします

36.セルE41を選択して、右揃えにします。

セルE41を選択して、右揃えにします

37.セルA39を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【セルの高さ】をクリックし、「50」に設定します。

セルA39を選択して、【ホーム】タブの【書式】から【セルの高さ】をクリックし、「50」に設定します

38.セルC14を選択して、合計の関数を入力して、C6~C13の合計を出します。

セルC14を選択して、合計の関数を入力して、C6~C13の合計を出します
セルC14を選択して、合計の関数を入力して、C6~C13の合計を出します
セルC14を選択して、合計の関数を入力して、C6~C13の合計を出します

39.セルD14を選択して、合計の関数を入力して、セルD6~セルD13の合計を出します。

セルD14を選択して、合計の関数を入力し

40.セルC32を選択して、合計の関数を入力して、セルC17~セルC31の合計を出します。

セルC32を選択して、合計の関数を入力して、セルC17~セルC31の合計を出します

41.セルD32を選択して、合計の関数を入力して、セルD17~セルD31の合計を出します。

セルD32を選択して、合計の関数を入力して、セルD17~セルD31の合計を出します

42.セルC34を選択して、計算式「=D14」を入力します。

セルC34を選択して、計算式「=D14」を入力します

43.セルC35を選択して、計算式「=D32」を入力します。

セルC35を選択して、計算式「=D32」を入力します

44.セルC36を選択して、計算式「=D34-D35」を入力します。

セルC36を選択して、計算式「=D34-D3

45.セルC38を選択して、計算式「=C36」を入力します。

セルC38を選択して、計算式「=C36」を入力します

46.セルD34、セルD35、セルD36に「円」と入力します。

セルD34、セルD35、セルD36に「円」と入力します

47.セルC38を選択し、【ホーム】タブの【書式】から【セルの書式設定】を選び【表示形式】から【分類】の【ユーザー定義】を選択し、「#,###”円”」と入力します。

セルC38を選択し、【ホーム】タブの【書式】から【セルの書式設定】を選び【表示形式】から【分類】の【ユーザー定義】を選択し、「#,###"円"」と入力します
セルC38を選択し、【ホーム】タブの【書式】から【セルの書式設定】を選び【表示形式】から【分類】の【ユーザー定義】を選択し、「#,###"円"」と入力します
セルC38を選択し、【ホーム】タブの【書式】から【セルの書式設定】を選び【表示形式】から【分類】の【ユーザー定義】を選択し、「#,###"円"」と入力します

エクセルの使い方を覚えるに戻る