50歳から始めるExcel2019 Excelの基本操作 エクセルとは何か?基礎知識の解説

エクセルとは何か?基礎知識の解説

エクセルとは、マイクロソフト社が開発したスプレッドシートソフトウェアです。スプレッドシートとは、表形式でデータを管理するためのツールで、エクセルはその代表的なソフトウェアです。

エクセルを使用することで、数式や関数を用いた計算や、グラフやチャートを作成することができます。また、データの整理や分析、集計など、ビジネスや研究などの様々な分野で利用されています。

エクセルは、日常的な家計簿の作成や、企業の財務諸表の作成など、多岐に渡る用途に使えるため、幅広い層に利用されています。また、エクセルの操作方法も比較的簡単であり、初心者でも使いやすいソフトウェアです。

エクセルとは何か?基礎知識の解説

スプレッドシートとは

スプレッドシートは、表形式でデータを管理することができるパソコンソフトウェアの一種です。主にビジネスや経理などで使用され、ExcelやGoogleスプレッドシートなどが代表的なソフトウェアです。

スプレッドシートは、複数のセルを横方向にまたは縦方向に連結し、表形式でデータを管理することができます。表の中には、数字、テキスト、日付、式などのデータを入力することができます。

また、スプレッドシートでは、数式を使用することができます。数式を使用することで、自動的に計算を行うことができます。例えば、合計や平均を自動的に計算することができます。

スプレッドシートは、表のデータをグラフ化することもできます。これにより、視覚的にデータを表現することができ、分析やプレゼンテーションに役立ちます。

スプレッドシートは、ビジネスや経理の分野だけでなく、個人的な用途でも活用することができます。例えば、予算管理や家計簿の作成、日々のタスク管理などに使用することができます。

エクセルの使い方を覚えるに戻る

50歳から始めるEXCEL2013 会計報告をつくる
50歳から始めるExcel2019 セルを選択する方法
50歳から始めるExcel2019 Excelの基本操作 エクセルを開いて閉じる方法
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelとは】①
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【Excelの操作画面の概要】②
50歳から始めるExcel2019 シニアのためのExcel入門【データの入力と編集】③